こつこつ、ゆっくりと。

子忙しいサラーリマンだって副業したい

6/29放送アメトーーク『本屋でマンガ大好き芸人』を見て情報収集

f:id:tax2005700:20170628234408p:plain

こんばんは。ヨシヒコです。

アメトーーク、欠かさず毎週見ています。今夜の放送は「本屋でマンガ大好き芸人」でした。ここで紹介された書籍などは飛ぶように売れると聞きます。みなさんが知っていたマンガはありましたでしょうか。

出演者はこちらの方々
・ケンドーコバヤシさん
・有吉弘行さん
・麒麟川島さん
・スピードワゴン小沢さん
・三四郎小宮さん
・広瀬アリスさん

メンバーから見るに既に期待感しかありません。
色々紹介されていた中で絶賛していたのがこちら

ケンコバさんお薦めマンガ

『あさひなぐ』

Amazonより

二ツ坂高校一年、東島旭(とうじま・あさひ)、15歳。
中学まで美術部だった旭は、「薙刀は高校部活界のアメリカンドリーム!スポーツに縁のなかった人間でも全国にその名を轟かすことができる」といううたい文句に感激し、薙刀部に入部する。

痴漢を蹴りで撃退する強き女、あこがれの先輩、宮路真春(みやじ・まはる)、
同じ一年生で剣道経験者の八十村将子(やそむら・しょうこ)と
長身が悩みの紺野さくら(こんの・さくら)…
旭と仲間達“なぎなたガールズ"の強く!楽しく!!美しい!!!物語が始まる--

薙刀のマンガってあんまり、いやほとんど見たことないかも。

川島さんお薦めマンガ

『BLUE GIANT』

Amazonより

ジャズに心打たれた高校3年生の宮本 大は、川原でサックスを独り吹き続けている。
雨の日も猛暑の日も毎日毎晩、何年も。
「世界一のジャズプレーヤーになる…!!」
努力、才能、信念、環境、運…何が必要なのか。
無謀とも言える目標に、真摯に正面から向かい合う物語は仙台、広瀬川から始まる。

川島さん曰く、紙から音が聞こえてくると。読むときっと胸が熱くなる

広瀬さんお薦めマンガ

『今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね』

Amazonより

2015年最大の問題作、解禁。恋が殺意に侵される――美しくもグロテスクなダーク・ラブ≒サスペンス。
神城卓が片思いの相手・花園魅香に出会った時、ふとよぎったのは「花園の喉元を傘で突き破る」という明確な殺意のビジョンであった。残虐で、残酷で、残忍な世界に囚われた少年が、抗いの果てに辿り着くのは希望か、絶望か!?

「俺は君を殺したい」――神城卓の花園魅香への想いは単なる片思いだった。そう、ある日を境に突然“殺意”へと変じるまでは……。次のページで何が起きるのか全く予想できない! 1話で驚愕し、2話で絶望し、3話で慟哭する 壮絶なストーリー展開に括目せよ!!

なんちゅータイトルすか。
新ジャンル?広瀬さんは「デス&クンカ」がお好きなようです 笑


恥ずかしながらどれも知りませんでした。まだまだ修行が足らないようで。
ケンコバさんが紹介するマンガは鉄板なので『あさひなぐ』読んでみたい・・
川島さんが紹介していた『BLUE GIANT』も読んでみたいかも。

何気にプライベートのサブングル加藤さんが出てくる件が一番面白かった。

ついでと言ってはなんですが

私が初めてマンガの単行本を買ったのが小学生4年生の頃。『スラムダンク』でした。
そして何故か7巻から買い始めた・・。7巻と言えばミッチーとのバトルが勃発した頃です。
バスケ関係ないじゃんの回なのに、それを読んでからはバスケにのめり込んだ事を今でも覚えています。
以降、私は井上雄彦先生を崇拝しています。


ここ数年で私がハマったタイトルです
ベタなので目新しさはありません・・・さらっとご紹介

キングダム

アメトーーク「キングダム芸人」がキッカケで読むようになりました。大人が読んでも熱くなること間違いなし。一度読むと止まらなくなるので、まとめ買いがオススメです。本編では合従軍以来の大戦が始まります。果たしてこの戦いで信が将軍になれるのか?

社会人になってからは、暫くマンガからは離れていましたが、マンガってやっぱり面白いと思い出させてくれた作品です。
書き直しした第1巻が売ってるという新事実が。

最新刊である47巻は、2017年7月19日(水)の発売予定です

ハンター×ハンター

この間、祝連載再開しましたね。次巻が出るまでに間があまりにも空きすぎてるので、前巻を読み直すのはあるあるかもしれません。
読み終わった後も止まらず、過去に何度も読んだはずなのに、また『幽遊白書』を買ってしまいましたよ。

冨樫先生はやっぱり天才です!!

3月のライオン

祝29連勝、藤井聡太四段の破竹の勢いは止まりませんね。因みに次の対局は7月2日(日)です。
もともと作者である羽海野チカさんが好きなこともありました。

いぬやしき

現代版『CYBORGじいちゃんG』って所でしょうか(いやテイストが違うな)
ざっくり言うと、おじいちゃんにしか見えない主人公が事故に合い死んでしまうが、機械の体になって復活。悪者をやっつけていくSF漫画(浅い・・笑。最近集め始めました)
作者自体は『GANTZ』辺りから好きになりました。

実写映画は2018年公開

主人公の犬屋敷壱郎役は木梨憲武さん、敵対する獅子神皓役は佐藤健さん。今思えば、GANTZの玄野役は佐藤健さんでも良かったかなと気がします(ニノファンの方すみません)


新しい漫画家がゾクゾク出てきたりして全然追いつかない。
因みに私、ワンピースは1話しか読んだことがありません。


おしまい。
訪問頂きありがとうございました。

当ブログはランキングサイトへ参加しています。
クリックしてくれると(私が)たいそう喜びます
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村


エンターテインメントランキング