イチから始めるコツコツ副収入

子忙しいサラーリマンだって副業したい

今週のレンタル映画2作『DEATH NOTE』『ミュージアム』を視聴

こんにちは。ヨシヒコ(仮)です。

既に劇場で見られている方もいるかと思いますが、基本私はレンタルなのでこのタイミングな訳です。今週は前々から見たかったこの『DEATH NOTE Light up the NEW world』と『ミュージアム』を視聴しました。注目度が高かったこの2作品。果たしてどんな内容だったか。


DEATH NOTE Light up the NEW world』

あらすじ

DEATH NOTE Light up the NEW world』公式サイトより引用

”犯罪のない社会を目指し、デスノートで世界を変えようとした"キラ"こと夜神月。暴走する彼を阻止しようとした世界的名探偵 "L"。天才 VS 天才の対決から10年経ったある日、世界中のネット回線がジャックされ、"キラ"によるメッセージが配信された。「デスノートを手に入れろ」

夜神総一郎が立ち上げた<デスノート対策本部>は存続していた。すでになくなった夜神総一郎の跡を継ぐべく、キラ事件に精通した三島を筆頭に、対策特別チームの捜査官たちを中心に警視庁内に本部を構えていたのだ。

ロシア、ウォール街そして渋谷でのデスノートによる大量殺人が行われる中、世界的私立探偵にして、"L の正当な後継者"竜崎が加わり事件解明に当たり、地上には6冊のデスノートが存在する事が判明する。

6冊のデスノートを全て手にした者が地上を制する。キラ復活を望む者、それを阻止する者たちとの究極の争奪戦の幕が切って落とされた!”

監督・メインキャスト

監督:佐藤信介さん
GANTZ』シリーズ、『アイアムアヒーロー』を手掛ける。2つの実写映画『BLEACH』『いぬやしき』が2018年に公開予定

三島役:東出昌大さん
大分前に、デビュー作の『桐島、部活やめるってよ』を観ましたが、まさかこんなに活躍されるとは笑

竜崎役:池松壮亮さん
『MOZU』での役が印象的でした。なんだろ物静かな役がピッタリな気がしてましたが、どんな役でもこなせてしまうのですね。

紫苑役:菅田将暉さん
何故だかここ数年で急激に出だし始めました。個人的には売れている理由が分かりません笑

隠れキャスト?死神役に松坂桃李さんが出演されてます。気づかなかった・・

感想

前作から10年ですか・・、そりゃ年もとるはずだ。

正直キャストについて惹かれるものはありませんでしたが、ネームバリューあるし、前作の夜神月藤原竜也さん)、L(松山ケンイチさん)、ミサミサ戸田恵梨香さん)とレジェンドが出演されるとの事だったので、これは見たい!!となりました。藤原さんと戸田さんはちょこちょこ出てたのですが、松ケンさんはあれは出演と呼べるの?でした。いや合成やん。

本来のデスノートの見所というか魅力なのは、やはり天才vs天才による計算されつくされたの頭脳戦だったのでは。本作にはあまりそれが感じられませんでした。前作を超えることは出来なかったか・・藤原さん、松ケンさんが凄すぎた。

何故10年経った今、続編をやる必要あったのかなと。



『ミュージアム』

あらすじ

『ミュージアム』公式サイトより引用

”雨の日だけに発生する猟奇的殺人事件。死体を見せることにこだわる犯人・カエル男は、自分のアーティストと呼び、犯行現場には必ず謎のメモを残す。連続する事件の関連性を操作する刑事・沢村と部下の西野は、次のターゲットが沢村の妻・遥であることに気づく。冷静さを失った沢村は、カエル男の罠にはまり、絶望へと追い込まれていく。謎の"私刑"執行アーティスト・カエル男は一体誰なのか?真の目的は?”

監督・メインキャスト

・監督:大友啓史さん
実写『るろうに剣心』シリーズなど多くのヒット作を生み出す超有名監督。現在は『3月のライオン』が公開中

・沢村役:小栗旬さん
実写化と言えばこの人、今回の刑事姿が似合いすぎました。7/14からは実写映画『銀魂』が公開

・カエル男役:妻夫木聡さん
最近あまりドラマでは見かけませんが、最優秀助演男優賞を獲得された映画『怒り』がレンタルされてるのでこちらも視聴してみようと思います

・沢村の妻役:尾野真千子さん
なんでもこなす演技の幅があり演技力は確かです。カエル男に追い詰められていくシーンは必見です

・沢村の部下西尾役:野村周平さん
映画『ちやはふる』など話題作に出演。既にご活躍されてますが、今後の活躍も期待する若手注目株。

あっ上司役の松重豊さんもシブカッコよかったです。

原作について

原作者:巴亮介先生『ミュージアム』

公開前に読んでみようと思ったのですが、機会を逃してしまいました。映画も見れたので読んでみようと思います

感想

作品中に出てくる殺人現場シーンがとても生々しいです。「ドックフードの刑」「母の痛みを知りましょうの刑」「均等の愛の刑」「ずっと美しくの刑」「針千本飲ますの刑」聞いただけではイメージ出来ないのもありますが、ぜひご自身の目で。間違いなくご飯中に見るのはやめましょう笑。どうやら原作はもっとグロいらしい。。映画版ではとてもスリリング内容で楽しめました。さすが大友監督。

カエル男は幼少時からある持病を抱えていました。なぜ雨に日にしか現れないのか。「あなたは、最悪のラストを期待する」とありましたが、本当の最後の何気ないシーン、思わずコレって・・・と呟いてしましました。


閲覧ありがとうございました。

当ブログはにランキングサイトへ参加しています。
クリックしてくれると(私が)たいそう喜びます
にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村


エンターテインメントランキング