こつこつ、ゆっくりと。

子忙しいサラーリマンだって副業したい

始めて1か月経過。振り返りの回

こんにちは。
ヨシヒコ(仮)です。

本業が忙しすぎて暫く更新出来ませんでした。本業に支障をきたすと本末転倒なので、平日の更新は控えてました。それでも土日はしっかり休める。ありがとう36協定。

他にもやりたい事もあったので。小説だって読みたいし。ゼルダの伝説とかゼルダの伝説とかあと、ゼルダの伝説とかね。・・はい。

少し過ぎましたが、ブログを始めてなんやかんやで1か月経ちました。全くのど素人なので色々書籍を買い込み、諸先輩方のブログで勉強し、書籍片手にPCに向かう日々。辛うじて形になりつつあります。

参考にしたのはこちら
いつもお世話になっております。

続きを読む

『ゲレクシス』って何?

こんばんわ。
ヨシヒコ(仮)です。

あの『稲中卓球部』でお馴染みの古谷実先生の最新作、『ゲレクシス』の第2巻を購入しました。恐らく出ていることすら知らない方も要るかも知れません。もしかして若い子は稲中も知らないかなぁ

ヒミズ』以来暫く、古谷先生作品から離れてたのですが、昨年『ヒメアノール』が公開されたことをきっかけに、あれ?今何か書いてるのかなと思い、検索してみたら出ましたこれが。『ゲレクシス』。

え?何これ・・です笑

↑主人公。こいつが出てきます

続きを読む

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』がやりたすぎて。

こんばんわ。
ヨシヒコ(仮)です。

やっちまいました。買ってしまいました。
Nintendo Switch

少し出遅れましたが、
私もスイッチデビュー

そうその中でも私がやりたかったのは、
ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』

続きを読む

いざASP登録へ

こんばんわ。

ヨシヒコ(仮)です。

 

タイトルにつけた割には、全然副業らしいことをしていない。。とある記事を見つけ読んでみたが、アフィリエイトを成功させるためには、まず始めのうちは毎日更新せよと。いや、無理無理。無理っす

 

遅く帰ってくる事もざらにあるサラリーマンにとっては、毎日記事を書くのは難しいものです。だからあえて『コツコツ』にしたのに。私のように文才が無い者にとっては尚更です。アフィリエイトど素人が一人前に稼げるようになるのはあとどれ位かかるのでしょうか。。

 

続きを読む

3/19カレー大好き芸人。食してみた

こんばんわ。

ヨシヒコ(仮)です。

 

先週3月19日(日)に放送されたアメトーークSPより。見逃したので録画視聴です。

 

カレー大好き芸人にてサンド伊達さんの一言。これホントにカレー?な食べ物に対して伊達さんが匂いを嗅いで一言「カレーです」(変なおじさん風)小ネタでちょいちょい挟んでましたね。

 

自身もカレーが大好きなので、紹介されるお店、商品は食い入るように見てました。

 

 なので今日は紹介されたお店の内、

3件カレー巡りをしてきました。

続きを読む

山田孝之が浄化される『山田孝之のカンヌ映画祭』

こんばんわ。

ヨシヒコ(仮)です。

 

最終回を終えました

『山田孝之のカンヌ映画祭』

カンヌロスですね 

 

前回、芦田愛菜ちゃんから

「山田さんは何がしたいんですか?」

と言われ、見限られてしまう。

 

山下監督と愛菜ちゃんが降板。制作スタッフも解散。まさに崩壊状態。そんな傷心中の山田さんが向かったのは、自身の故郷である鹿児島でした。

 

どこまでが演出かは分かりませんが恐らく本当の故郷なんだと思います。母校、実家(既に更地になってた)を巡るあたりから、山田さんはずっと泣きっぱなし。そして山田さんのお父さんも出演されます。なかなか貴重な映像でした。

 

お父さんとの会話の中で生き方など自身と共通する部分を感じ、少し気が楽になった山田さん。狂気に満ちていた時よりかは心なしか穏やかな顔に戻った気がします。

 

後日、愛菜ちゃんとの再会で、今まで活動して来た時の思いが 語られます。

「山田さんは次 何をやりたいんですか」

始めにもあった問いかけに対し、答えは出ていた模様。やっぱり僕は映画が作りたいんだと。

 

そして次回作に向け始動します。自身の事を映画にする。

監督:山下敦弘、松江哲明

主演:山田孝之

友情出演:芦田愛菜

再開した山下監督とぎすぎすした空気の中、二人をとりもつ愛菜ちゃん。やっぱり大人だ・・・

 

エンドロールの後、何かのコンペに出展するシーンが。そして映画の告知。んんん?映画!?そうです本当に映画が公開されます。

『映画 山田孝之3D』6月16日公開

おいタイトルよ・・・しかも3D・・・舞台挨拶も決定しとるとな。カンヌ映画祭正式応募作品らしい 笑

 

昨年から、『闇金ウシジマくん』『勇者ヨシヒコ』『山田孝之のカンヌ映画祭』とずっとシーズン続いてたので、一旦ひと区切りですかね。

 

さすがに4月は無いかと思いきや

テレビ東京開局記念

特別ドラマ『破獄』

4月12日(水)夜9時放送

 

に山田孝之さんが出演されます。役どころはどうやら脱獄犯らしいです。ほんと何でもやるね。そしてまさかのビートたけしさんと共演!? 山田さんの妻役には満島ひかりさんだとぉ?

 

なっなんだこれは・・・・

とってもみぞみぞします 笑

 

これは絶対録画ですね

 

名脇役達の共同生活。中年版テラハ

こんにちは

ヨシヒコ(仮)です。

 

テレ東の『バイプレイヤーズ』

今更感満載ですが、

来週、最終回なので少々語ります。

 

この時間帯の

『バイプレイヤーズ』

続く『山田孝之のカンヌ映画祭

この攻めの姿勢のテレ東さんに感謝です。

 

大杉連さん、

田口トモロヲさん、

寺島進さん

遠藤憲一さん、

松重豊さん、

光石研さん

これでもかってかくらいの豪華な出演者

個人的には小日向文世さんも入れて欲しかった・・・

そしたら間違いなくコヒさん推しです。

声のみで出てましたけどね。

 

そしても毎回の出演ゲストも豪華。

なんと来週には天海祐希さんが出演されるみたいです。

エンケンさんとドラマやってたからその繋がりかな。

『勇者ヨシヒコ』に続き、予算大丈夫ですか?な状態です

 

最初は気づかなかったのですが、

山田孝之さんのお姉さんである

椿かおりさんが出演されてました。

たぶんキャバクラの一人。。

 

普段から中の良さを匂わせる松重さんと光石さんの九州コンビが好きです。

エンケンさんは女装とか色々やってくれるし。

寺島さんは相変わらずシブかっこいい、

トモロヲさんの飄々とした感じがイイ、

大杉さんは自分の年齢的にもお義父さんだったらいいなって方。

 

 映画『バイプレイヤーズ』を撮影するにあたって次世代の俳優さん達による誰が誰役なのっていう回がありました。

大杉さんを除く、他の方は全員50代です。

なので、世代別でバイプレイヤーズを結成したらどうなるかを考えてみました。

 

数ある俳優さんの中から6名を選出

本編にも出てたので少々被りますが

 

40代バイプレイヤーズ

滝藤賢一さん(『半沢直樹』など)

ムロツヨシさん(『勇者ヨシヒコ』など)

荒川良々さん(『重版出来』など)

安田顕さん(『下町ロケット』など)

大森南朋さん(『コウノドリ』など)

八嶋智人さん(『HERO』など)

このメンバーなんだか楽しそう。

 

30代バイプレイヤーズ

濱田岳さん(『日暮旅人』など)

柄本佑さん(『若者たち2014』など)

高橋一生さん(『民王』など)

山崎樹範さん(『ラブソング』など)

勝地涼さん(『あまちゃん』など)

新井浩文さん(『モテキ』など)

噛み合うのかな・・・勝地さんはすぐ誰とでも仲良くなりそう

 

思いのほかベタな選出でしたかね

20代はすぐ浮かばなかった。。。

太賀さん、永山絢斗さんとかですかね。

 

主演を張られている方もいらっしゃるので、

このカテゴリに入れていいものか微妙です。もちろんここに挙げてない方もいい役者さんばかりです。

  

特別編 この場合なんて言うんだ

メインプレイヤーズ(ダサい笑)

妻夫木聡さん

小栗旬さん

瑛太さん

山田孝之さん

藤原竜也さん

森山未來さん

 

最強の布陣です。

なんの作品であれ、このメンバーで映像化するのは間違いなく無理でしょう。

ここに松ケンさん、松田龍平さんを入れるか悩みます

 

テレ東さん、

シーズン2お待ちしてますよ。

 

カルテットロスになっちまった

こんばんわ。

ヨシヒコ(仮)です。

 

あー終わっちゃいましたね。

『カルテット』

 

あまちゃん以来、久々にこの言葉を使います。

ロスだー

カルテットロスだーっ

 

毎週オンタイムで視聴してましたし、

録画でもう一度見てました。

それだけハマってましたね

 

ラブ⇒サスペンス⇒ラブ・・を繰り返し

なんやかんやで最後、みんなハッピーエンドで何よりです。

 

物語は真紀さんが警察に出頭してから1年後へ。

1年経って変わったこと言えば

・真紀さんの白髪が目立ってた

 そして転ぶようになった

・別府君は家森氏をゆたかさんと呼び、

 家森氏は別府君をつかさくんと下の名前で呼んでいる

・つかさくんは無職へ

・ゆたかさんは週7で働くように

・すずめちゃんはあまり寝なくなった。

 相変わらずかわいい(ここは変わってない)

・ありすちゃんが婚約?して勝ち組に

 「人生 チョロかった アハハハ」笑 言ってみてー

 

1話から見ていた視聴者にはたまらない

からあげの再演出。

ゆたかさん以外はちゃんと小皿にからあげを

とりわけ、個々でレモンをかける。

これが正解ですよね?家森さん?

と思いきや、まさかのパセリ問題へ発展。

そこにあるありがたさ。サンキューパセリ。

結局全部にレモンかけちゃった。

 

 コンサートホールでの演奏で、

1話目のドラクエが再登場。

そこであの中学生コンビが。

届く人には届いた瞬間でしたね。

うれしい限りです。サンキュー中学生。

 

やはり謎は明かさないままで終わってしまいましたね。

そこはカルテットらしいというかなんて言うか。

 

そして謎がもう1個追加されました。

なぞの女性からの突然の手紙。

コンサートに来ていた帽子を深く被った

女性らしき姿が。恐らくこの人だと。

視聴者の中には、5年前に奏者を辞めたことと

2012年に解散したバント「東京事変」がリンクし、

椎名林檎さんではないかと深読みする方も多くみられました。

 

私もてっきりそうなんだと思い込んでいて

なかなかにくい演出だなと思っていたのですが、

でもそこで、異論を唱える人もいて

正体を明かした記事もありました。

 

なんてこった。興醒めするわっ。

椎名林檎さんでは?深読みのままでいいじゃない。

おそらくそんな人はカルテットファンでは無い(と勝手に思う)

 

今作で初めて坂元裕二さんの作品を

見られた方もいるかと思います。

私もすべて知っている訳でもないですが、

今まで見た中でオススメなのが、

 

『Woman』(2013年 日本テレビ

主演:満島ひかり

シングルマザーである主人公が様々な

困難な出来事に立ち向かっていく姿が描かれた作品です

母は強し。高橋一生さんは医師役でちょいちょい出てます

 

最高の離婚』(2013年 フジテレビ)

主演:瑛太

カルテットに出たかった瑛太さんのキャラが良い。

夫婦2組を中心に家族のあり方をコメディタッチで

時には真剣に描かれています。

この作品で綾野剛さんがブレイクしましたね。

この頃のフジテレビは面白かったのに。。

 

まだ見てない方は是非

 

 

 

 

もっと自分の将棋を、自分を大切にしてくれ

こんばんわ。

ヨシヒコ(仮)です。

 

『3月のライオン』第2巻より。

 

主人公:桐山零のライバル、二階堂が

桐山に対する熱い思いが炸裂したセリフです。

色々ある中でもお気に入りです

 

アニメの方は、

3月18日(土)で最終回を迎えてましたね。

 

もとより羽海野チカ先生の作品は、

本作と『ハチミツとクローバー』

いわゆるハチクロしか知りません。

ハチクロは唯一読んだことのある少女マンガです。

だいぶ昔の話ね。

 

んで面白いと思ったので、

羽海野先生の次回作ってだけで

3月のライオンの単行本を購入。

恐らく作風が好きなんだと思います。

 

今回は現在公開中の映画ではなく、原作の方。

映画館でおっさん1人で、

3月のライオンはかなりキツイ笑

これは例のごとく、レンタルでしょう。

 

キャストについて。

今このタイミングで書くと、

後乗り感があるけど仕方ない。

ブログ始めたの最近だし。

原作はずっと前から読んでたし・・笑

 

少しだけ言わせてもらうなら

単行本の表紙を初めて見たとき、

神木隆之介さんのイメージが

すぐ浮かびました。

 

島田八段は佐々木蔵之介さん、

これはそのまんまですね。

この二人以外はあり得ないと思います。

 

マンガの実写化ってのはイメージが

崩れる故に、非難がつきものですが

本作に関しては、そういう声は少ないのではないでしょうか。多分。

それだけドンピシャのキャステングだったと思います。

 

香子役の有村架純さんだけちょっと・・

って、感じでしょうか。

あかり役はてっきり綾瀬はるかさんだと思ってたけど、

倉科カナさんでしたね。

年齢的に・・かな。

 

満を持しての二階堂役には染谷将太さん。正直驚きました。

初め、予告映像が解禁になった時、

ちらっと映ってるましたが誰だか分かりませんでした。

それだけ丁度いいぽっちゃり若手俳優がいなかったんだと思います。

かなり重要な役ですからね。。

濱田岳さんがちょっと浮かびましたけど、これも年齢的にキツイか。

土橋九段の声も挙がってました。確かにこっちの方がしっくりくる。

本編では出てくるのでしょうか。

 

あとは桐山の担任の先生役、高橋一生さん。

ビジュアル見ましたけど、だいぶ寄せてますね

雰囲気が合ってるのではないでしょうか。

 

他挙げていくと、キリはあるけど

長くなってしまうので省略。

 

 まずこの作品に出てくるキャラは

無駄なキャラが一切いないこと。

全てにおいてキャラがたってます。

1人づつ記事書けます。恐らく。多分。 

 

と言いつつも原作の方が1つも書けていない・・

それはおいおいやっていければと。